第10回会員大会をオンライン・リアルのハイブリッド開催 埼玉県青年部会が主管

関東電気工事青年部連合会のご紹介

 関東電気工事青年部連合会(小林誠会長)は10月23日(土)午後1時に埼玉県電気工事工業組合青年部会(赤池忠徳会長)の主管で、さいたま市北区の埼玉電気会館5階大会議室を会場にしてWEB配信で第10回会員大会を開催しました。
 当日は、会場参加者とWEB参加者を合わせて140名が参加し、「彩玉コネクト ~人の輪はちからだ!輪を広げていこう、つなげていこう~」を大会のテーマとして会員相互の交流、組織の結束及び連携強化を目的として行われました。
(集合写真撮影時のみマスクを外しています。)

アーカイブ動画をYouTubeにて投稿しております。


 第1部の「大会式典」の主催者代表挨拶で小林会長が「彩玉コネクトを大会のテーマとして実施させて頂きました。会場またはWEBで多くの方に参加して頂きまして感謝申し上げます。」などと出席者にお礼の言葉を述べました。
 開催地青年部会長挨拶では埼玉県電気工事工業組合青年部会の赤池会長が「今回の会員大会で皆様の気持ちが上向き、人の輪が広がっていくような大会になれば幸いです。」などと述べました。
 来賓祝辞では、さいたま市市長の清水勇人様、公益社団法人全関東電気工事協会会長の嶋野貞雄様、埼玉県電気工事工業組合理事長の沼尻芳治様、全日本電気工事業工業組合連合会全国青年部協議会会長の木多俊博会長が、それぞれ関青連の活動に対する期待を込めた祝辞を頂きました。
 その後、細井敬一副会長から「今後の関青連が目指すもの」として関東の会員のネットワークのさらなる向上について思いを述べました。
 最後に、神奈川県電気工事工業組合青年部会から次回会員大会のPRが実施され式典が終了しました。
 第2部の「講演会」ではサッカー元日本代表の福田正博様に「目標達成への道のり ~どんな状況でも諦めず最善を尽くすこと~」をテーマに講演を頂き、自らの経験を用いて、これからの経営者である青年部会員の受講者等に対して、勇気や目標を持って行動することの大切さについて述べた。
 第3部の「アトラクション」では「足つぼサッカーボウリング」と「彩玉コネクト大抽選会」を行い、工夫や演出を凝らしたアトラクションで会場参加者やWEB参加者が盛り上がりをみせ、当初の目的である会員相互の交流等が十分に図られました。

MENU
関東電気工事青年部連合会関連サイトのご紹介
関東電気工事青年部連合会関連サイトのご紹介
関東電気工事青年部連合会関連サイトのご紹介